【WordPress】リロードしても治らない!All in one SEOが原因で下書き保存やプレビューができなくなった件

こんにちは。アセロラです。
今回は速報的な記事です。

2021年3月3日のブログ作業の際、急に下書き保存が終わらない状態になって焦ったので、メモ書き程度に調査結果と対処方法を残しておこうと思います。

  • いつまでも下書きが保存が終わらない、プレビュー真っ白のまま開けない
  • リロードしても治らない

こんな方はぜひ参考にしてみてください。

結論:All in one SEOを無効化 or キャッシュクリアしたら治った

まず結論です。

同じ症状の方がいたら、「All in one SEO」のプラグインを無効化してみてください。

症状は解消されましたか?

「いや、All in one SEO使ってるから困るんだけど!」と言う方は、有効化していいので「ブラウザのキャッシュクリア」をしてみてください。

ブラウザのリロードが走るので、下書き状態の投稿は別のエディタとかに逃しておいてくださいね。

  • Macの場合:command + shift + R
  • Windowsの場合:control + F5

というわけで今回の教訓。

下書き保存とプレビューがおかしい時
・怪しいプラグインをOFFにして試す
・ブラウザのキャッシュをクリアしてみる

以下、参考までに私のWordpress環境です。

  • サーバー:ConoHa WING
  • WordPress:バージョン5.6.2
  • All in one SEO:バージョン 4.0.16 

結論に至るまで

この症状に遭遇した時は、ちょうどこんな流れでした。

アセロラ

なーんだ、いつものセッション切れか?
一旦別のエディタに内容コピペしといて、ブラウザリロードっと・・・。

アセロラ

い、いつまでも終わらない・・・だと!?

このままではおじいちゃんになってしまうので、原因調査に乗り出しました。

ここから先は調査の経緯を詳しく説明しようと思います。

プレビューができない症状がきっかけで発覚

最初はプレビューができないことに気づいて「おや?」と思いました。

でもよくありますよね。
長い間記事を書いていて、いつの間にかセッション切れでWordpressサーバーと通信できてないこと。

そういう時はみなさんリロードして解消しているかと思います。

ところがリロードしても治らない。
永久にプレビューは表示されないし、そもそも「下書き保存」が終わらない!

アセロラ

プレビューが終わらないと思ったら、プレビューする前に必ず行われる「下書き保存」の時点でうまくいってなかったのか。
リロードしても治らないとは・・・おかしい。

初の症状。
いよいよピンチということで、必死にググりはじめました。

ある日を境に急に不具合→自動更新が原因か?

実はちゃんと「Wordpress 下書き保存 終わらない」とかでググると、キャッシュをクリアしようねという親切サイトが見つかります(笑)

しかし当時の私は、

アセロラ

急に不具合が起きるなんて、自動更新が原因では?

と決めつけて、「なんか最近更新されたプラグインで悪さしたものはないか?」と言う観点で検索をはじめました。

しかし残念ながら、直接的な記事は見つからず。

手がかりが少ないので、もうちょっと症状を確かめて原因を絞り込むことに決めました。

別に作った新規投稿も保存もできない→Wordpress自体がおかしいのか?

WordPressの管理画面へと戻ってきました。

ここで「今編集している投稿にゴミ(変なシステム文字とか)が入ってて保存できないのかな?」と思い、試しに別に作た新規投稿で下書き保存を試してみる。

ところがなんと、別の記事でも下書き保存を受け付けない!

「保存中」の表示のまま、終わりません。

アセロラ

いよいよWordpress自体がおかしくなったか?

ということで開発者ツールを見て、保存の処理が終わらない原因を特定できないか試してみました。

Chromeであれば、開発者ツールはF12で立ち上がります。

この状態で下書き保存を実施し、「Console」タブでエラーが起きているかを確認。

どうやら下書き保存時に赤色で示したエラーが連続して発生していたようです。

Uncaught TypeError: t.runPageAnalysis is not a function

残念ながら私はJavascriptに強くないので、このエラーを見ただけでは原因特定には至りませんでした・・・。

アセロラ

こうなったら当てずっぽうで怪しいプラグインをOFFにして、治るか試すしかないな。
それでもだめなら、いよいよWordpressサーバーごとバックアップから戻すことになりそうだ。。

更新メールでAll in one SEOのアップデートを知る

いよいよ犯人プラグイン探しです。

ふとメールボックスを見ると、2021/03/03 3:07 に以下のようなメールが届いていました。

一部のプラグインが、https://www.acerolablog.com のサイト上で自動的に最新バージョンに更新されました。何もする必要はありません。

以下のプラグインを更新しました:
- All in One SEO (バージョン4.0.15から4.0.16へ)

問題が生じたり、サポートが必要な場合は、Wordpress.org のサポートフォーラムのボランティアが助けになるでしょう。
https://ja.wordpress.org/support/forums/

Wordpress チーム

ちょうど症状が起きた日の深夜3時です。

アセロラ

・・・お前か!

と言うことで早速プラグインを無効化。

下書き保存を試してみると・・・

「✅保存しました」の文字が!!よかったーーー!!

プレビューも問題ありませんでした。

アセロラ

他にも困ってる人がいるかもしれない!
早速記事にしよう!

記事を書きながらキャッシュクリアの方法を思い出す

ブログを書くというのは良いもので、ふと考えるわけです。

アセロラ

今すぐAll in one SEOを無効化してください。以上!

いや、こんな結論では困る人がいるだろう、と・・・。

まあ、「最近はカスタムテーマが優秀でSEO対策できてるからAll in one SEOは不要」という意見もあるわけですが、一応無効化以外でなんとかなる方法はないかな?と探しはじめました。

そこで改めてググってみたところ「キャッシュをクリアするべし!」という先人からのご意見、いやお告げを発見。

試したところ・・・いけました。

手元のMacでChromeスーパーリロード(command + shift + R)で復旧しました。

アセロラ

先人の言うことは素直に試すべきと言うことか・・・。

ただITエンジニアとしては、一体何が原因だったのか特定できない状態というのは気持ち悪いです(笑)

再発したり症状が深刻化するようなら、予防策の検討もかねて調査しようと思っています。

プラグイン更新履歴を管理できる「Easy Updates Manager」入れてみた

今後なんでもキャッシュクリアで解決できるならい良いのですが、そうでない場合はいよいよ本格的な調査が必要になります。

システム不具合の70%はシステム変更が原因」とGoogleが言っています。

同じように、WordPressの突然の不具合のほとんどもプラグインやWordpress、サーバーの更新によるものだと思ってます。

つまり、次回から効率よく原因調査するには「どのプラグインがいつ更新されたのか」を簡単に確認できるようにするのが良さそうです。

そこで、プラグインの更新管理が捗ると噂の「Easy Updates Manager」を導入してみました。

プラグインの更新履歴を見やすく管理することが目的で導入しましたが、いろいろな機能があるようです。

  • プラグインだけでなくWordpressコア、テーマの更新まで管理できる
  • 自動更新か手動更新か、種類ごとに一括でルール設定できる
  • そもそも一切のプラグイン更新を無効化、とかもできるらしい

インストール&有効化をすると、「ダッシュボード」>「更新設定」メニューが追加されるので、こちらから詳細機能を確認可能です。

使用感がよかったら、おすすめの使い方などを共有したいと思ってます。

まとめ

今回はブログ運営トラブルシュートということで「下書き保存やプレビューができなくなる症状」を取り扱いました。

リロードも効かない、別投稿も同じ症状・・・となかなか焦る状態でした。

ですが原因が特定できず長期化した際には、

  • 怪しいプラグインを無効化
  • ブラウザのキャッシュをクリア

この2つを最初に試す価値はあるでしょう。

原因特定を早めるのに役立ちそうな、Wordpressでの更新管理プラグイン「Easy Updates Manager」も一緒に紹介しました。

今後もググってもズバリ出ない症状の解決策とかは載せていこうと思います。
同じ苦労をさせないために・・・(笑)

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA